Cineware for After Effects

高速・簡単・統合

2013年より、CinewareはCinema 4DアセットをAfter Effectsにシームレスに統合しています。Cinewareにより、ネイティブのCinema 4DファイルをAfter Effectsにドラッグ&ドロップできるだけでなく、3D要素の変更やAfter Effects内で直接レンダリングできます。

Cinema 4D Lite

Adobe After Effectsには、受賞歴のあるMaxonの3Dソフトウェアの機能限定ながら豊富な機能を備えたCinema 4D Liteが無料でインストールされます。Cinema 4D Liteには、After Effects内のメニューの「レイヤー⇒新規」から直接アクセスするか、コンポジション内のCinema 4Dレイヤーを選択して「編集⇒オリジナルを編集」をクリックしてアクセスできます。すでに商用版のCinema 4Dがインストールされている場合は、そちらを起動します。後日、Cinema 4D LiteからC4Dの商用版にアップグレードする場合は、After Effectsユーザーに特別割引が適用されます。

Cineware 概要
Live Link とタイムラインマーカ
テイクと OpenGL レンダリング

Cinema 4Dのネイティブファイルをサポート

ワークフローがさらに良くなりました。Cineware を使えば、Adobe After Effects CC でCinema 4D ファイルが直接開けます。コンポジションに 3D コンテンツをレイヤーとして追加したり、カメラやレイヤ、ヌルオブジェクト、ライトといった Cinema 4D の各エレメントを直接 After Effects CC に取り込めます。

C4D エレメントを手間なく After Effects に読み込む

After Effects CC 内で Cineware を使って、新規 Cinema 4D シーンを作成し、必要なすべての3Dエレメントを作成できます。うれしいことに Cinema 4D のライセンスは不要です。Cinema 4Dレイヤーを使いすると自動的に After Effects CC に付属している Cinema 4D Lite が起動します。必要な基本機能が含まれているので、独自の3Dオブジェクトやシーンを作成しましょう!

シームレスな連携

すぐに反映
色やテクスチャ、オブジェクトの動き、アニメーションといった変更から、ライトや塗るオブジェクトの追加などまで、Cinema 4D シーンの変更を行うと自動的に更新され、After Effects CC にリアルタイムで反映されます。Cinema 4D のていくシステムにもアクセスできるので、強力なバージョンやテイクの管理が After Effects CC から出ることなく可能です!

Cineware の Live 3D ワークフローは、作業をより簡単にそして時間短縮できるので、よりクリエイティブなことに時間を割り振れます。

ビデオを見る >

After Effects CC で直接レンダリング

本当にリアル: 反射、屈折、グローバルイルミネーション
Cinema 4D デフォルトレンダラーのCinerenderが、After Effects CCに搭載されています。After Effects CCのビューポートは、OpenGLによる高速な3D描画で、リアルな雰囲気が確認できます。リアルな反射、アンビエントオクルールジョン、グローバルイルミネーションもAfter Effects CCでレンダリングできます。レンダリング設定は自動的にCinema 4Dから読み込まれます。レンダリングの品質は、いつでもスピードと品質のバランスを見ながら調整可能です。

パスとレイヤーの合成

何をいつレンダリングするを自由に設定
Cineware では、After Effects CCのコンポジットで使用するレイヤーやパスを自由に選択できます。一つの 3D コンテンツを同じコンポジット内で複数使ったり、レイヤーごとに設定を変えたりできます。After Effects CC 内で、使用したいパスを指定できます。そしてパスごとにモードの指定も可能なので、Adobe 製品と同じような操作で最終結果をコントロールできます。もし、チームで作業をしていてパス分けを忘れても、Cineware を使えばコンポジットアーティストは、After Effects CC上で1クリックでパス分けが行えます。

ビデオを見る >

3D ナビゲーション

AE カメラが Cineware との組み合わせで操作の幅が広がる
Cinema 4D シーンのすべてのカメラを After Effects CC にインポートできます。各ビューポートのカメラをコンポジットに使ったり、Cinema 4D のカメラ設定を After Effects CC の座標システムに変換して After Effects CC 上で編集できます。Cinema 4D のライトも After Effects CC のネイティブのライトに変換して編集できます。ライトの強度やカラー、フォールオフ、半径、シャドウなどを変更したり、アニメートが慣れた After Effects CC 上でできます。

アップグレードして単体で使う

あなたの成長に合わせて、Cinema 4Dも成長できます。
Cineware 以外にも After Effects CC には、Cinema 4D Liteが含まれています。Lite バージョンは、Cinema 4D のさまざまな基本機能が使うことができるので、3Dを始めるには最適です。Cinema 4D にアップグレードもできるので、多くの一流のモーションデザイナーがこのソフトウェアを選んでいます。あなたの可能性を広げ、自由度が高くなり、作業も単体で行えます。

Cinema 4D のすべての機能をお試しされたい場合は、 無料のCinema 4D 体験版をダウンロードしてください。